発達障害でも勉強できる教材は?障害の特徴に合った勉強方法も紹介

発達障害を持つ子供は、「集中できない」「授業を聞けない」「理解が遅い」などの特徴から、勉強の遅れが目立ちやすくなります。
勉強を進めるための効果的な勉強方法や教材など、発達障害児の学習の工夫を紹介します。

発達障害の種類と特徴

注意欠陥・多動性障害(注意欠如・多動症/ADHD)

脳神経の異常により、集中力がない「不注意」、じっとしていられない「多動性」、思いついたら見通し・予測を立てずに行動してしまう「衝動性」の症状がみられる障害です。

興味のある科目や関心の持てる分野の勉強は、熱中して学ぶことができる一方、興味を持てない内容や苦手な勉強に対しては気が散りやすく、なかなか集中することができません。

そのため、注意欠陥・多動性障害のある子どもは授業の内容が頭に入らず、学校の勉強についていけなくなる事が多々あります。

学習障害を持っているADHDも

注意欠陥・多動性障害はその特徴から、「集中力不足」「真面目に勉強しない」と捉えられてしまい、叱られる事で徐々に自己肯定感を喪失しやすくなります。

学校や塾でも、「落ち着きがない」「協調性に欠ける」「急に立ち歩いて迷惑」などと思われる事で、居場所を失いがちです。

また、注意欠陥・多動性障害の子どものうち、20~60%には学習障害を併せ持っていると言われています。

子ども自身は頑張って勉強しているつもりでも、なかなか成果・成績に反映されないこともあり、より自信を失いやすくなってしまうのです。

学習障害(LD)

学習に関わる書字や読字、計算・推論などの能力のうち、一部の力が欠けているために、勉強の遅れが生じることで学業に支障をきたします。

1つの能力だけ習得できないケースもありますが、複数の能力に遅れがみられるお子さんもいます。

おおむね、自学年にくらべて1~2年生分の遅れがみられる事が多く、障害があると判明するまでは、勉強の苦手な子供という印象を持たれてしまうようです。

怠惰だと誤解され、傷つきやすい

特定の能力だけに限って障害がみられる事から、努力不足や勉強を怠けていると誤解され、不用意に怒られてしまう事もしばしばです。

頑張って勉強をしているのに結果が表れず、周囲から認められないため、自尊心を失ったり自罰的になります。

子どもにストレスがかかりすぎると、暴力的な言動で気持ちを解消しようとする事もあり、より居場所を失いやすくなってしまいます。

※学習障害児の勉強については、「学習障害児には適した勉強法を!小学生・中学生・高校生の学習支援情報」で詳しく紹介しています。

自閉スペクトラム症(ASD)

「アスペルガー症候群」「自閉症」「広汎性発達障害」と呼ばれることもあり、認知・感情を司る脳の異常によって、人とのコミュニケーションが上手く行えない障害です。

発達障害の中では比較的集中力があるものの、自分のこだわりを強く持っていることから、細かな点に捉われて勉強がうまく進められない事があります。

また、対人関係が上手くいかないことから学校そのものが嫌になってしまい、授業に参加できず勉強の遅れが生じてしまう事もあります。

子どもに合った勉強方法が大切

他の発達障害とは違い、言葉や知的能力の遅れが見られないため、勉強に取り組めれば学力は上がりやすいのが自閉スペクトラム症の特徴です。

集団での行動が苦手で、予想外の事態に対してパニックを起こすことから、学習においても個別的なアプローチが必要になります。

勉強に対して嫌な気持ちを持ってしまうと、再体験により勉強するだけでイライラしてしまう可能性があるため、嫌悪感や苦手意識は持たせない事が大切です。

発達障害の子供にあった勉強方法は?

学年にあわせず、学力にあわせた学習を

発達障害を持っている場合、学校で勉強についていけない事が多いですが、無理に同じ学年の勉強から始めてはいけません。

学年の枠を超えて、子どもが理解している所まで遡り、1つずつ丁寧にやり直していくことが大切です。

学校の勉強についていけないと焦ってしまう保護者気持ちも分かりますが、子どもの今の学力をきちんと把握し、1歩ずつ進めることが大切です。

スモールステップで無理なく進める

興味を持って集中して取り組める教科は良いですが、集中しづらい科目の勉強は、小さなステップで進めると良いでしょう。

目標や到達地点のハードルが下がるため、子どもも達成感を感じやすく、勉強に対する苦手意識が少なくなります。

また、1つの事を繰り返し行うのが得意なお子さん、集中力が長続きしないお子さんも、スモールステップなら取り組みやすくなります。

障害の特性に合わせたサポートを

発達障害のお子さんは、その分類や特性によって得意・不得意が異なるため、保護者の方が個別性に合わせて支援してあげると良いでしょう。

たとえば、ADHDで長時間座っているのが難しければ、1単元ずつ短い時間で区切って勉強するようにしたり、同じミスを繰り返す時は出来る方法を一緒に考えながら進めましょう。

自閉スペクトラム症の場合は学習にムラが生じる事も多いですが、小さな目標を作ったり、本人がハマりやすい楽しみから勉強につなげるなど、子どもに合ったアプローチをすることも大切です。

子どもが使いたい教材を使用する

発達障害を持っている子供は、論理的に考える事よりも、感情的に考える事が得意なケースが多い傾向です。

紙のドリルのように文字だけで行う教材に比べ、映像などを使ったデジタルの教材の方が、興味を示して勉強が続く事があります。

学校で使用する教材やドリル、参考書などに限らず、子ども自身が積極的に行える教材を選んでみましょう。

しっかり褒めて自尊心を高める

多くの場合、発達障害児は家庭や学校など様々な環境で、勉強について叱られる体験をしている事がよくあります。

家庭学習の中では、できた所や成長した部分を保護者が認め、褒めてあげることが非常に大切です。

褒められる事で成功体験を積み重ねていくと、自尊心や自己肯定感が高まり、勉強にも意欲的になります。

できない事を責めず、出来る方法を親子で考える

発達障害があると、健常児と同じように勉強や理解を進めるのが難しく、「なぜできないの」「どうしてまた間違えるの」と保護者もイライラしがちです。

勉強が上手く進められない、集中して取り組めない、同じミスを繰り返すなどがあっても、寛容な心で受け入れてあげましょう。

重要なのは、出来ない事を責めるのではなく、どうすれば出来るようになるかを、子どもと一緒に考えてあげることです。

反復学習で苦手をフォロー

発達障害を持っていると、理解力が乏しかったり、やっても内容が定着しないため、勉強がなかなか進まない事があります。

この場合、スモールステップでできる限り理解の1歩を小さくすると共に、何度も繰り返し勉強するのが効果的です。

健常児よりも理解に至るのは遅いかもしれませんが、根気強く反復学習を行うことで、できるようになっていきます。

同じ問題を何度も繰り返すだけでなく、数字や形式少しを変えながら学習することで、きちんと理解できているか確認してみましょう。

「すらら」は発達障害児も勉強しやすい!

キャラクターと一緒に楽しく学習

パソコンやタブレットを使った学習教材「すらら」は、ゲーミフィケーション要素を取り入れ、楽しみながら学べる通信教育です。

個性豊かなキャラクターが先生となり、分かりやすいアプローチで進めていくため、発達障害児が興味を持ちやすいという特徴があります。

一方通行ではなく、対話をしながら勉強をしていく事ができるので、話を聞くのが苦手なお子さんにも活用できます。

発達障害を専門的に研究する「子どもの発達科学研究所」と共同開発しているので、教材の品質面も安心です。

様々な感覚を駆使した勉強で飽きない

すららは「見る」「聞く」「書く」「読む」という感覚を駆使して学習するため、紙教材のように飽きることがありません。

アニメーションを使った分かりやすい解説で理解に繋がりやすく、また、記述の演習もしっかり学習できます。

多角的なアプローチで勉強が進められるので、得意・不得意が明確な発達障害児にも適しています。

すららの公式サイトを見る

無学年学習だから遅れがあっても安心

すららは、小学1年生~高校3年生までの国語、算数・数学、英語を学べる教材ですが、自学年の勉強以外も行えます。

学年に縛られない無学年学習なので、遡り学習が行いやすく、1歩ずつ理解しながら勉強することが可能です。

学校の授業についていけない場合でも、家庭学習で後れを取り戻すことができるので、基礎力アップを目指したいご家庭で活用できます。

最適な難易度の問題を自動選出

デジタルツールのメリットは、自分の得意や苦手を自動で分析し、最適な問題を提示してもらえる点です。

すららでは、さらに理解力にあわせて難易度の調整を自動で行うため、難しすぎたり簡単すぎてしまう心配がありません。

常に、現実的なレベルで着実に「できた!」を実感できるため、子どもの達成感ややる気を引き出します。

つまづいた原因は自動で分析

紙面のドリルを使用していると、保護者だけでは「なぜできないのか」「どこでつまづいているのか」を正確に把握するのは困難です。

この点すららは、つまづきの原因を確実にチェックでき、オーダーメイドの問題が出題されるるので、効率良く学力を高めることができます。

発達障害があると、健常児に比べてより勉強や学力の判断が難しくなりますが、自動で明確に分析できるのは保護者の負担軽減にも繋がります。

試験形式のシミュレーションも可能

テスト機能を備えているため、小さな範囲で出題される確認用の小テストで、こまめに定着度のチェックが行えます。

さらに、学校の教科書を指定して定期テストを行ったり、小学4年生以上になると模試のような学力テストを実施することも可能です。

テストで間違えてしまった部分は、教材のどこに戻って勉強すれば良いかも提示してくれるので、アフターフォローも充実しています。

このテスト機能は、何度でも料金内で利用することができるので、余計な出費もかかりません。

専任コーチが保護者と連携

すららでは必ず専任コーチがつき、特性にあわせた学習設計を行って、進捗に沿って適宜修正してくれます。

保護者から日々の様子や学習状況を報告を受けると、効果的な指導や声掛けなどのアドバイスをもらうことが可能です。

二人三脚で子どものフォローをすることができるので、保護者の方も相談先を持つことができ、安心して継続することができます。

わからない問題は質問OK

すららの勉強は1問ずつ回答後に解説がつくため、スモールステップで理解しやすいよう工夫されています。

解説を見聞きしても理解できない場合は、質問機能を使って先生に聞く事もできるため、不明な点を残す事がありません。

勉強が難しくなり、保護者のフォローがしにくくなってくる中学・高校生の問題では、特に助かる機能です。

すららの公式サイトを見る
受験・勉強に役立つ関連情報をチェック

PAGE TOP