オンライン学習と塾通い、どちらが良いのか徹底比較!

オンライン学習には様々なメリット・効果がありますが、実際に塾に通うのとどちらが良いのか悩む方も多いのではないでしょうか。
そこで、オンライン学習と塾通いを比較し、違いを分かりやすく比べてみました。

どちらを選ぶ?オンライン学習と塾の違い

「学習への姿勢」が大きく異なる!

塾とオンライン学習の大きな違いは、子どもの学習に対する取り組み姿勢です。

塾に通う場合、決められた場所に行き、講師の授業を聞くことで理解を深めたり、問題の解き方を教わります。

これは映像講義型のオンライン学習でも同じですが、塾の場合は「通う」という動作が入るため、塾に行っただけで子どもが勉強した気になってしまう事が多くあります。

せっかく高い塾代を払っているのになかなか成績が伸びない、という悩みを多くの親御さんが持っているのは、その場にいることで満足してしまうからなのです。

「自宅で勉強」だから伸びる

一方、オンライン学習は通塾の必要がなく、自宅で勉強を行うことがほとんどです。

実は、自宅という普段と何ら変わりのない環境で勉強を行う事で、塾の「行っただけで勉強した気になってしまう」というリスクを減らすことができます。

つまり、子どもが自ら学ばないと、それは何もしていない時間になってしまいますので、自主的に勉強する姿勢が生まれます。

塾の様に受動的に勉強するのではなく、主体的に学ぶ姿勢で取り組む経験を積み重ねることは、単に教材の活用や成績向上に繋がるだけでなく、子どもの探求心や思考力、課題発見力などを育むことにも寄与します。

費用面から考える2つの違いは?

塾通いを考えた時、真っ先に親が気になる点といえば、やはり塾代のことです。

「塾代が高い!費用は平均いくらかけるのが普通?」でもご紹介した様に、毎月5,000~20,00円、中にはそれ以上費用がかかることもあります。

今は共働き世帯が多いため、一見すると世帯年収が増えているようにも思えますが、実際の家庭レベルで見てみると、塾代を出すのが精一杯という家庭も少なくありません

塾も立派なビジネスですから、家賃や光熱費などの維持費、講師の人件費と交通費、テキスト・資料などの印刷費など諸々を考えると、ある程度金額が高くなってしまうのは仕方のない事でしょう。

しかし、子どもに対する投資ではあるものの、塾代は決して安い出費ではなく、また成績アップや志望校合格などの成果が保証されている訳ではありませんから、躊躇してしまうのは当然のことです。

オンライン学習は安く始められるのがメリット

塾に比べて上記の様なコストのかからないオンライン学習は、塾と同じクオリティーでもより安い価格で提供することができます。

スタディサプリや学研ゼミの様に月額500~1,000円程度で始められる教材もあり、費用面で考えれば塾よりもオンライン学習の方が圧倒的にお得です。

また、Z会など塾として有名な場所であっても、月額5,000円前後で通塾と同じような質の高いサービスが、通塾よりも圧倒的な安さで受けられます。

安く始められるということは、家計が助かるだけでなく、万が一オンライン学習が続かなかったり、子どもに合わなかった場合でも気軽に教材を変更できるほか、子どもへの投資に対するリスクも軽減されるため、親御さんの精神的な負担も少なくなるでしょう。

時間の節約にはどちらが便利?

塾通いを始めてから、意外と気になる方の多い点が「行き帰りに要する時間」です。

最初は費用や効果の面を重視しがちですが、実際に通い始めてみると、通塾にかかる時間が子どもや親の負担になってしまうケースもあります。

例えば、学校を終えてから塾に通うとなると、どうしても帰宅時間が夕方~夜遅くになってしまうため、子どもの安全を心配する声が増えてきます。

さらに、夜の帰宅が心配という家庭では、親が塾への送り迎えをすることでサポートしてあげるという場合もありますが、親の負担も増えてしまいますし、共働きの世帯ではなかなか難しいものです。

オンライン学習なら安全で便利に

オンライン学習の場合は自宅で勉強することができるので、通塾の必要はありません。

塾への往復の時間が節約できる分、勉強時間を伸ばしたり、補講をしながら自分の好きな事に取り組む時間を確保することが可能です。

特に、受験期で勉強に集中したい子どもでも、部活や習い事、趣味を続けたい」という声が多く聞かれるため、勉強とうまく両立できることはストレス解消になりますし、一分一秒でも惜しいテストや入試試験前であれば、より多くの時間を勉強に充てられます。

また、オンライン学習ならではの効率の良い勉強も、時間の節約になり、一石二鳥の良い影響を与えられます。

さらに、通塾不要ということは夜遅く帰宅する必要がないため、子どもの安全を守り、トラブルを未然に防ぎます

もちろん、送り迎えは不要ですから、親の負担も軽減され、余裕のある生活に繋がります。

PAGE TOP