タブレット学習はどんな勉強効果がある?

タブレット学習を導入することで、勉強にどの様な効果が表れるのかを調査しました。
紙媒体の勉強との使い分けなど、効率的・効果的な勉強法についても触れています。

タブレット学習を使うとこんな効果が!

学習意欲を高める誘発性がある

多くの子どもにとって勉強は面倒で嫌なイメージがあり、親が「勉強しなさい」「宿題やったの!?」と声をかけないとなかなか机に向かえないという子も多いものです。

そんな中、「タブレットは紙に勝てるのか-タブレット時代の教育」の著者である白鴎大学教育学部教授の赤堀侃司氏は、タブレット学習は勉強の意欲を高める効果があると明言しており、勉強が苦手な子どもに対する効果的な動機付けができるツールであることが分かっています。

タブレット端末はゲーム機と同じ感覚!

子どもにとってタブレットはゲーム機と同じような感覚があり、「触れてみたい」「操作してみたい」という気持ちを掻き立てる誘発性があります。

紙媒体ではどうしても飽きてしまうような子どもでも探求心を持つことで、勉強してみようと意欲的に取り組める様になります。

また、一見紙媒体で勉強できている子供も、実は我慢をして取り組んでいるという事があるのが現実です。

赤堀氏の調査では、勉強のできる子もタブレットを利用することで、全体と比較して「思考力」「表現力」が高くなるという結果も出ており、勉強に対する苦手意識がそれほど強くない子であっても導入する価値があります。

努力が報われるからより意欲的に

タブレット学習などオンライン化された勉強教材のほとんどは、勉強の履歴が残るほか、自分の正答率がすぐさま分析され、成績の変化が一目で分かるようになっています。

紙媒体の教材は答え合わせをするだけで終わりがちですが、デジタル化されることで勉強ができる様になったり、苦手を克服したことが目に見えて分かるため、達成感を感じる事ができます。

さらに、スタディサプリ学研ゼミの様に、勉強することでコインを集めて育成ゲームが進められるなどオプション機能を備えているサービスもあり、スマホアプリと同じように勉強の努力が報われる様な仕組みがあるのも、子どもの継続学習につながります。

イメージによって勉強内容が記憶しやすい

紙とデジタル端末にはそれぞれ特性があり、ハイブリットで利用することによってより効果的な学習ができると言われています。

特にタブレット学習は「脳のイメージ」に寄与しており、形のイメージしやすさ、写真の思い出しやすさなどの効果があります。

さらに、紙媒体の教材に比べて退屈しにくさが圧倒的に高く、イメージ化した情報を次々に脳内に定着させることが可能です。

効果的に記憶できるイメージ化

勉強内容のイメージ化は心理学でも効果的であることが分かっており、知識をイメージと関連付けることで記憶に残りやすくなると言われています。

文字や音声といった言葉と一緒に図・絵として記憶できるオンライン学習は、今までの紙媒体の勉強よりも効率良く勉強を進められるツールと言えます。

ただし、「文章を読む」ということは紙教材の方が得意としており、国語や英語の読解問題などは参考書などを併用するのも良いでしょう。

音声・アニメーション解説で理解力が上がる

オンライン化された勉強は紙媒体と違い、解説の際に動画アニメーションや音声を使うことができます。

文字と図だけではどうしても理解しづらい内容も、絵が動き、さらに音声で説明されることで情報量が多くなるため、より理解しやすくなります

特に算数・数学や理科といった教科は、頭の中で動きや働きを想像したり、実験の様に仕組みを理解することが重要ですが、この様な勉強では特に効果的です。

勉強中の「わからない」が減ることは学力アップだけでなく、子ども自身の学習意欲の向上にもつながります。

記憶力アップにもつながる勉強法

脳科学者として有名な茂木健一郎氏は、五感を使った「脳が喜ぶ勉強法」を推奨しています。

できるだけ多くの感覚を使って勉強を行った方が、脳の活性化が促進され、長期記憶として定着しやすいためです。

紙媒体の勉強は、文字と静止画のみで理解しなければなりませんが、オンライン学習ではさらに動画や音声も加わるため、勉強した内容をより効率良く覚える事が出来ます。

デジタル端末の扱いがスムーズに

政府が2013年に発表した成長戦略では、義務教育段階からIT教育を推進することが掲げられており、さらに2016年には文部科学省で小学校のプログラミング教育の必修化が検討されたことで、2020年には各校での実施が始まりそうな勢いです。

より低い年齢からITへの理解を深め、技術の習得を支援することで、日本の子供たちが第4次産業革命の時代を世界に負けず生き抜いていけるようにと考えられています。

まだ開始していない現在でも、子どものプログラミング教室の人気が非常に高まり、キャンセル待ちが続出するほど子供も親も重視する分野です。

副次的効果ではありますが、オンライン学習を行う事でパソコンやタブレットなどのデジタル端末の扱いになれる事が出来ることで、よりスムーズにIT化社会に溶け込むことができるようになります。

さらに、基本的なスキルやモラルを身につけながら、プログラミング学習などITに関する知識や技術にも興味を持ち、IT分野への知見を広めるきっかけにもなる事でしょう。

PAGE TOP