タブレットを使った教育はなぜ人気?メリットを徹底解説!

今人気が高まっているタブレットの教育は、どの様なメリットがあるのか分かりやすく解説しました。
子どもだけでなく親にも嬉しいポイントがあり、多くの家庭で導入されている理由が分かります。

タブレット教育はココで子どもを伸ばす!

メリット1.勉強に対する自主性が育つ

親が子どもへの教育を行う中で、誰しも悩むのが「勉強への自主性」です。

勉強が進むにつれて難しくなったり、苦手意識を持ってしまうと、自分から勉強しようと思う気持ちが薄れてしまい、遊びや娯楽の方にベクトルが向いてしまいがちです。

小学1年~高校3年までの生徒を対象にしたベネッセの調査(2017年)では、小学6年生で30%以上、中学生になると45~50%、高校生では60%以上が「勉強が嫌い」と答えている事が分かっています。

タブレットでの学習は、勉強に意欲的な子からそうでない子まで、勉強したいと思えるような工夫が多く、継続的な自己学習が行えるようになっています。

勉強を楽しくできる工夫が満載

小学生の時には自己学習を定着させる習慣が重要になるため、ゲーム感覚なのに勉強が身につくようなサービスや、子どもが楽しめる解説動画の工夫などが行われています。

中学生や高校生になると、より成果の習得や成績向上などに重点が置かれてきますが、分かりやすい解説によって理解できた事への自信をつけ、苦手意識を払拭することで前向きに勉強に取り組みやすくなります。

また、教育がIT化されたことにより、自分の正答率などが瞬時にデータで可視化され、達成感や学力の向上を子ども自身が感じやすくなったことでも、自主的な勉強を支えています。

メリット2.1回10~15分で質の高い勉強に

従来の教育法では、とにかく時間を使って多くの問題を解く事が重視されていましたが、現在はより効率良く質の高い勉強を継続的に行う事が重要とされています。

東京大学・池谷裕二教授の実証実験では、1時間続けて勉強をした子ども(詰込み型)よりも、15分の勉強を3回行った子ども(積み上げ型)の方が、長期的な成績の伸び率が高い事が分かっています。

タブレットなどを使うオンライン学習は、1コマ10~15分の時間で質の高い勉強が効率良く行えるため、集中できない等の理由でダラダラと無駄な時間を過ごす事がありません。

スキマ時間も活用できる

受験生ともなれば、より有効に時間を活用して勉強することが求められますが、短時間でどこでも勉強が行えるタブレット教育の様な方法なら、スキマ時間の活用にも便利です。

移動時間、待ち時間などを勉強に充てることで、無理なく学習時間を伸ばすことができます。

しかも、スキマ時間を使った勉強は、子ども自身が勉強への気負いを感じていないため、意外と集中して勉強できる環境だと言われており、効果的な勉強法であるとも言われています。

メリット3.理解力を高める動画解説

従来の通信教育との最大の違いは、解説が分かりやすいという事です。

問題集の解説や参考書の様な紙媒体では、情報量が限られるため、解説を読んでも分からないという事態がよく発生しています。

これをIT化することで、動画や音声による解説が行えるようになり、より多くの情報を含んだ細やかで丁寧な解説が行えるようになりました。

解けない問題があっても、その解説を聞けば理解しやすいため、着実な学力の向上を目指すことが出来ます。

結果分析機能で苦手の攻略も

さらに、自分の結果がその場で分析されるため、苦手な科目や問題が一目で分かるようになっています。

解けない箇所を集中的に対策することができ、効率良くアベレージを高めることが可能です。

しかも、苦手な問題は何度でも解き直せ、解説を繰り返し見ることもできるので、苦手を放置せずに自分のペースでレベルアップが行えます。

メリット4.受験対策にも利用可能

受験を控える学生であれば、普段の勉強よりもより入試に直結した問題や解き方を知ることが重要です。

タブレットを使った教育は、全体的な学力向上用と思われがちですが、実は受験対策としても活用することができます。

現在は、多くの学習サービスで受験対策講座や受験生用コースが設けられているので、受験生であってもより実践的な学びが受けられます。

得点力が上がるから結果に直結

この様な受験用コースは、都道府県別や各志望校の出題傾向に沿って出題・解説が行われます。

教科書で学ぶ勉強よりも一歩先を行く問題も多く、応用力だけでなく思考力や表現力なども必要になるため、具体的な対策が行えて、しかも理解しやすく確実な得点に繋がるタブレットでの教育が非常に有効です。

PAGE TOP