不登校で勉強の遅れが心配な時に利用したい勉強方法はどれ?

子どもが不登校になると、人間関係だけでなく勉強の遅れも心配になるものです。
学校に行けなくても自分のペースで勉強ができ、子どもの負担にならない方法はどれなのか調査しました。

遅れた学力を取り戻す!不登校児の勉強方法

家庭教師を雇い、教えてもらう

不登校の子にとって、できれば取り入れたい勉強法が「家庭教師による指導」です。

家庭教師はマンツーマンでその子に合った勉強を教えてくれるので、不登校の期間が長く学力の遅れが顕著な場合から、学力にそれほど遅れが見られない子まで、幅広く対応してもらうことができます。

また、不登校になると家庭以外の社会的関わりが少なくなるため、家庭教師とのつながりから社会に出るきっかけを掴めることもあります。

家庭教師を雇うには、子どもが他人と関われる状況であり、かつ子ども自身も会ってみても良いと思う状態で始めましょう。

子どもとの相性が最大の難関

不登校児の勉強方法として家庭教師を取り入れる場合、学力アップというよりも遅れを取り戻し、年齢・学年に合った知識を習得することが勉学としての目的になりますので、教え方の上手さという点はどの先生でもあまり心配いりません。

しかし、不登校の子は学校で人間関係の悩みが発展したことで学校へ通えなくなっているため、先生との相性の良し悪しが今後を左右すると言っても過言ではありません。

自分に合った先生と関われれば、勉強の時間から悩みの相談まで関係を築くことができたり、躓きに対するアドバイスをもらえる事で、社会復帰の一歩を踏み出せる可能性があります。

しかし、自分と合わない先生ではまた人間関係の躓きを繰り返すことになり、心を開かないまま、家庭教師すら拒否してしまう事がほとんどです。

もし、相性が合わないと子ども自身が感じている時は、すぐに別の先生に代えてもらう必要があるため、この点を柔軟に対応してくれる所で先生探しを行いましょう。

通信制・定時制の学校に通う

通信制や定時制の学校に通う事で、勉強の遅れをフォローする事もできます。

通信制学校は、自宅にいながら学校の勉強を行う事が出来るので、まだ外に出ることが不安な不登校の子でも、気負うことなく勉強の遅れを取り戻す事が出来ます。

定時制高校は学校への通学が必要となりますので、子ども自身が学校へ通う意欲はあるが、今の学校には行きたくないという場合に、新たな環境でスタートができます。

どちらもれっきとした「学校」ですので、続けることで卒業認定を受けることができ、次の進路の選択肢が広がります。

卒業単位がもらえるのは高校生から

義務教育である中学生までの間は、通信制・定時制の学校というのは基本的にありません。

通信制・定時制の学校で勉強できるのは高校生からで、高校生以上の年齢であれば誰でも入学でき、高校卒業の認定を受けられます。

中学生コースなどを設けている通信制・定時制学校は、そこで単位をもらえたり卒業できる訳ではないので注意しましょう。

自分の在籍する中学の校長先生や自治体の判断によっては、中学生コースに通う事で自分の学校が出席扱いとなるケースもあるのですが、学校や教育委員会の方針によって対応はかなり異なります。

通信教育を使用する

自宅での自己学習として多くの家庭で取り入れられている通信教育は、不登校児の勉強の遅れのサポートとしても活用することができます。

塾や予備校の様に通う必要がなく、学校に通えない状態でも誰にも会わずに勉強できるため、「学校は行きたくないけど、勉強はしてみたい」と学習への意欲を持ち始めた時に、最も取り入れやすい方法です。

また、学年や授業の進度に捉われず、自分のペースで勉強が行えるため、かなり勉強が遅れてしまっていても心配いりません。

費用が安いから気持ちにも余裕ができる

通信教育は、家庭教師や塾・予備校、通信制・定時制学校など他の選択肢に比べて、費用を抑えることができるという点もメリットです。

新しい教材を導入したり、これまでと異なる学習方法に切り替えた際、「継続できるだろうか」「途中で辞めてしまわないか」という不安が親子ともにつきまといます。

費用のかかる方法だと、無理にでも続けさせたいという気持ちが勝ってしまいがちですが、通信教育なら子どもに合う教材が見つかるまで変更しやすく、余計なプレッシャーもかかりません。

不登校の生徒にはオンラインの通信教育がオススメ!その理由とは?

独学より効率良く学べる勉強方法

自宅で勉強するとなると、独学でも行えるのではないかという疑問が出てきますが、通信教育を使用した方が効率良く勉強の遅れを取り戻せます。

一般的には、「学校へ通って授業を聞く→自己学習で理解を深める」という流れがありますが、不登校の状況では理解や習得のきっかけとなる学校での授業が受けられません。

そのため、独学の自己学習から入っても分からない問題が多く出てきてしまい、文字だけの解説では理解できない箇所も多くなるため、せっかく意欲が出ても途中で挫折してしまう可能性があります。

オンラインを使った通信教育であれば、動画をつかった講義や解説があるので理解しやすく、勉強への意欲を途切れさせることなく進めることが可能です。

頑張れる仕組みだから続けられる

タブレット学習に勉強効果はあるの?利用者に聞いた子供の反応と成績」でも触れているように、オンライン学習には子どもの学習意欲を高め、自主的に勉強できる仕組みが作られています。

不登校であっても勉強への興味を持った時に、自身の意欲を高められ、達成感を感じられる勉強方法であれば継続しやすいでしょう。

勉強が続けられれば、「テストを受けてみたい」「もっと色んな勉強をしてみたい」と様々な物事に目を向けるきっかけとなり、それが新たな社会との繋がりを作ったり、学校へ行く動機にもなり得ます。

自分の努力が見て分かるから達成感がある

学校に通っている時は、テストの点数や成績表で周囲の人と比較される機会がありますが、不登校の場合は比較対象を作りにくいため、自分が頑張っても達成感があまり感じられません。

しかし、オンライン学習の場合は自身の「進捗」「正答率」「目標達成度」などがデータとしてリアルタイムに反映されるため、勉強の頑張りや成長している点が目に見えて分かります。

一人で勉強し続けると途中で挫折しやすいですが、しっかりと達成感を持ちながら取り組めれば自己肯定感も高まりやすく、勉強への意欲も持ちやすくなります。

さらに、オンライン上で他のユーザーたちと交流したり、一緒に学び合えるため、孤独を感じにくいのも特徴です。

自分のペースで学べるから安心

何らかの原因で不登校になってしまった子どもたちは、心が不安定な事も多く、勉強に気持ちが向かなかったり、ネガティブな気持ちの1日もあることでしょう。

家庭教師や通信制の学校などを利用していると、気持ちが追い付かなくても休みづらい事から、余計な負担を感じてしまう恐れがあります。

また、子どもに無理やり勉強をさせたとしても、内容の理解に結び付かず、無駄な時間を過ごすことにもなりかねません。

この点、通信教育なら自分でペース配分を行うことができるので、「やりたい時は勉強を進めて、落ち込んでいる時はお休みする」といった調整がしやすいという特徴があります。

勉強計画から遅れがでてしまった場合でも、すぐに立て直すことができるという点も、デジタルならではのメリットです。

「すらら」なら不登校児の勉強にもピッタリ!

専任コーチのサポートで二人三脚

お手持ちのパソコンやタブレットで受講できる通信教育「すらら」は、生徒一人ひとりに専任のコーチがついています。

コーチは現役の講師陣で、勉強の進み具合や内容、かかった時間、正答率などのデータから、無理のない学習計画を適宜一緒に考え、時にはエールを送ってくれます。

適度な距離感で見守ってくれるので、子どもの負担になりにくいのに、孤独を感じる事もありません。

保護者のサポートも万全

また、すららのコーチは保護者の方へのフォローも行ってくれるので、勉強や生活の相談を気軽に行えます。

今の悩みや普段の様子を伝えることで、教育の面から的確なアドバイスをもらう事ができ、保護者の方にとっても役立つサポートです。

コーチへの相談に回数制限はなく、いつでも何度でも利用できるというのも嬉しいポイントです。

無学年教材だから遅れがあっても安心

すららは「国語」「算数・数学」「英語」の3科目を、小学1年生~高校3年生まで無学年で学べる教材です。

勉強の遅れが目立つ子どもの場合、今よりも下の学年に遡って分かる所から1歩ずつ進めることが大切ですが、すららならそれが叶います。

学年ではなく理解度に合わせて勉強できるので、無理なく継続でき、着実な学力アップにつながります。

不登校の期間が長いお子さん、引きこもりがちでしばらく勉強をしていなかったお子さんも、安心して導入できる教材です。

問題の難易度も自動で調整

すららの問題は、難易度が複数用意されていますが、常に理解度や正答率にあわせて自動でレベルが調整されます。

教材のコースを変更したり、設定を行う必要がなく、いつでも自分にピッタリのレベルが提供されるので便利です。

膨大な問題数の中から、オーダーメイドで作られる感覚なので、子どもにとっても「簡単すぎる」「難しすぎる」といったストレスがありません。

楽しく学べて続けやすい

授業では様々なキャラクターが講師となり、楽しく分かりやすく解説するため、ゲームのような感覚で学習できます。

しばらく勉強から遠ざかっているお子さんや、勉強が苦手な生徒でも導入しやすく、継続しやすい教材です。

すららの学習は、見て書くだけでなく「聞く」「話す」「読む」といった方法も取り入れられており、楽しいだけでなく記憶にも残りやすい工夫がされています。

ネットを通して他の生徒と競い合い

すららは、国内外に6万人を超える利用者がおり、勉強時間やクリア数などを競うことも可能です。

2カ月間開催される大会「すららカップ」は成績ではなく努力量が評価の対象になり、さらに賞状・賞品ももらえるため、成功体験に結び付きやすくなります。

また、子ども同士でスタンプを使ってエールを送り合うこともでき、対抗心だけでなく仲間意識を持って進められるのも特徴です。

テストも料金内で受けられる

家庭学習はテストや試験が受けられないため、実際の理解度が分かりにくいのがデメリットでした。

すららでは、「小テスト」「定期試験対策」「学力診断テスト」の3つの試験を導入することで、実力の確認もきちんと行うことができます。

しかも、間違えてしまった試験問題は、結果の表示画面から授業に進むことができるので、やり直しや対策も効率良く行えます。

しかも、3種類のテスト・試験に追加料金はかからず、いつでも何度でも受けることが可能です。

復学の準備としても活用できるので、違う学校へ転校予定の方、受験を控える学年のお子さんもしっかり対策できます。

すららの公式サイトを見る
受験・勉強に役立つ関連情報をチェック

PAGE TOP