まなびwith&タブレットwithQubenaの評判リサーチ!口コミで判明した成績への影響

ドラゼミからリニューアルしたまなびwithと、そこで提供されている算数専用タブレット学習withQubenaは、子供の成績アップにつながるのでしょうか。
利用者の口コミと併せ、勉強の質やサービス、コストパフォーマンスなども調査し、どれほど良い教材なのかを調べてみました。

まなびwithってどんな通信教育?

まなびwithの概要

まなびwith
運営
株式会社小学館集英社プロダクション
使用媒体
紙、タブレット
学習形式
ドリル型
対象年齢
幼児~小学生
受験対応
なし

まなびwithはこんな教材!

勉強ができることや成績だけでなく、これから求められる「自ら学び、考える力」を育てる通信教育として展開しています。

以前はドラゼミというサービスでしたが、2019年春から新サービスに移行し、2020年から始まる新学習指導要領に対応した教材です。

基本の教科に加えて、思考を伸ばすカリキュラムが導入されており、より着実な効果が期待できます。

まなびwithの公式サイトを見る

ココが良い!まなびwithのメリット

基礎学力と学びのコツによる新たな学習

多くの通信教育は、成績や偏差値の向上や志望校合格などに目標を設置し、勉強ができるようになることを大切にしているものが多くあります。

しかし、まなびwithでは基礎学力を備えることに加え、学ぶ楽しさや思考力、ひらめき、伝える力を養うことで、将来的にも役立つ頭の基礎を作る事に重視しています。

点数だけでは測れない子供の力を伸ばし、これから求められる人材としての最初のステップを培うことが可能です。

9年一貫のオリジナルカリキュラム

まなびwithは、「幼児3年間+小学生6年間」の合計9年間を、一貫したカリキュラムで学習していきます。

幼児の頃は、言葉や数などに触れながら学ぶ楽しさを実感し、小学生になると「考える力」「ひらめく力」「伝える力」を各教科を通して、より具体的に学ぶ設計です。

本質的な学びの土台作りを小さい頃から行うことで、より柔軟に、効率良く吸収することができます。

もちろん、途中からの入会も可能で、希望の方は4月号からのバックナンバーを購入することもできます。

withQubenaで算数を得意科目に

小学生になると、算数の得意不得意が次第に分かれてきますが、まなびwithでは算数に特化した有料オプション「withQubena」で、より手厚いフォローが叶います。

withQubenaはタブレットを使った学習教材で、紙面では理解しにくい単元も、より分かりやすくスムーズに取り組むことが可能です。

定規やコンパス、分度器などの道具を使った作図や、グラフの作成も行えるので、タブレットでも必要な操作はしっかり行えます。

※withQubenaを申し込む場合は、iPadとタッチペンの準備が必要です。

AIを使った自分にピッタリのフロー

withQubenaには人工知能(AI)が搭載されており、弱点や苦手を解析しながら、自分に合った問題が出題されます。

前の学年や過去の単元につまづき点があっても、そこを解決できるよう誘導してくれるので、自然と苦手を取り除くことが可能です。

また、出題のレベルも自分の理解力に合わせてくれるので、難しすぎたり簡単すぎる事もなく、適切に勉強することができます。

楽しく学べて続けやすい

通信教育は、子供が次第に取り組まなくなってしまう点がデメリットですが、まなびwithでは楽しく続けやすい仕組みを作っています。

幼児コースでは、生活や遊びの中での学びも取り入れ、机上以外から学習することも重視しています。

また、小学生コースでは、テレビで活躍する東大謎解き制作集団「アナザービジョン」と、名探偵コナンによるナゾトキ学習もあり、自発的な取り組みを促します。

サポート体制も充実

まなびwithの利用会員は、会員専用サイトを利用することができ、学習サポートコンテンツを活用することが可能です。

会員サイトでは、プリントの印刷や解説動画(まなびチャンネル)の閲覧、子供の興味・関心を学びにつなげる書籍やゲームの配信などを行っています。

さらに、添削提出でシールを貯めると「まなび賞」というご褒美プレゼントがもらえますが、顕微鏡や望遠鏡、実験キット、プログラミングロボットなど、楽しみながら学びにもつながる豪華商品が多数揃っています。

利用者評判で調査!まなびwithの満足度は高い?

講師・授業内容についての口コミ

自分の考えを書いたり、言葉で説明したりするのが、思ったよりも難しかった。

国語はスラスラ進むのに、算数は問題の量が多いからとても疲れます。

分からない問題も多いけど、ヒントと動画がわかりやすいので、進めやすかったです。

どうしてだろう、と悩む問題が結構たくさんあります。分かった時は達成感があります。

学校の授業に合っていないので分かりにくかった。予習復習があまり出来ないと思った。

サービスについての口コミ

ご褒美でもらえるものの中に、欲しいものがたくさんあるので、頑張って添削を出そうと思う。

タブレットでできる算数の勉強が面白い。どうやって考えたら良いか分かるようになった。

自宅で作文ができるのもそうですが、添削の回答がとても分かりやすくて丁寧でした。

学校の勉強とは違う問題が多いので、最初はちょっとやりづらいなと思いました。

ネットで見られる図鑑NEOは、動画があって学校の本の図鑑よりも見ていて楽しい。

勉強を頑張るとナゾトキやゲームをさせてもらえるので、今日も頑張ろうと思えます。

保護者からの口コミ

進研ゼミなどのいわゆる通信教育より、考えさせる問題が多いと思いました。最初はかなりつまづきます。

親のサポートが不可欠です。思考の問題だけでなく、普通の教科もフォローが必要になります。

確かにしっかり続けたら、考える力が伸びそうだと感じました。慣れるまで時間がかかります。

学校の勉強のフォローとして導入したい方には不向きです。成績を上げるための教材ではありませんでした。

きちんと継続できればコスパが良いと思います。子供によっては難しく感じて、やらなくなるかもしれません。

共働きなので、フォローする必要の多いまなびwithは向いていなかったように思います。

まなびwithを導入して良かった?

新たな角度で問題に挑戦!点数よりも地頭を育てる

まなびwithは、一般的な教科書準拠の通信教育ではなく、独自のカリキュラムによって学びを深める教材です。

学校では出題されないような新たな角度・視点からアプローチする内容は、思考力を鍛えるには効果的と言えるでしょう。

一方、授業のフォローとして期待していたご家庭では不評が多く、実質的な成績やテストの点数の向上は繋がりにくいという声が挙がっています。

通信教育を導入するにあたり、求める事が何なのかによって、まなびwithの向き不向きが決まるでしょう。

保護者の負担が多めなのが難点

また、これまでに慣れていない解き方をするため、子供もつまづきやすく、保護者のフォローが大切になってきます。

特に低学年の子や、まなびwithを導入し始めたばかりの頃は、親子一緒に取り組む姿勢で行った方が良さそうです。

あまり勉強に時間を割けない保護者の方だと、取り組み自体が負担になってしまい、子供の進度の妨げになるリスクも生じやすくなってしまいます。

まなびwithのコースと費用

学ぶ楽しさを発見できる!幼児コース

学ぶことの楽しさを感じることで、まなびの芽を育み、考える習慣のベースを作っていきます。

生活に関するテーマも多く含まれているため、机上だけでなく日常の発見・体験も学びに繋がるのが特徴です。

オリジナルキャラクター「まなぼうず」が学習をサポートし、興味を持って続けられる工夫がされています。

幼児コースの費用

入会金
無料
年会費
無料
受講費
月額2,268~2,538円
割引制度
6か月・12か月一括払いで割引あり
無料体験
お試し教材あり
返金保証
なし

幼児コースのサービス

授業数
25~30回/月
科目
ことば・もじ、かず・かたち、たいけん、ちえ(年中以降)
テキスト
紙教材
学生用サービス
会員サイト(学習サポート)
保護者用サービス
会員サイト(子育て支援情報)
幼児コースの詳細

新たなアプローチで思考力アップ!小学生コース

基礎学力と家庭学習習慣に加え、思考力アップも重視して構成されている教材です。

「考える」「ひらめく」「伝える」の3つを教科の中から学べるほか、思考の特別教科もカリキュラムに加わっています。

教科書を超えた新たな学びの視点で、子供の脳を活性化し、点数では測れない能力を高めていく事が可能です。

小学生コースの費用

入会金
無料
年会費
無料
受講費
月額2,268~2,538円
割引制度
6か月・12か月一括払いで割引あり
無料体験
お試し教材あり
返金保証
なし

小学生コースのサービス

授業数
20回前後(学年×10分)
科目
国語、算数、理科、社会、英語、思考
テキスト
紙教材
学生用サービス
作文・課題添削、会員サイト(学習サポート)、withQubena(有料)
保護者用サービス
会員サイト(子育て支援情報)
小学生コースの詳細

PAGE TOP