スタディサプリの解約は面倒?退会・返金の手続き方法まとめ

スタディサプリをこれから解約したい方のために、退会や返金の手順を詳しく解説しました。
卒業して今後使わなくなった時、スタディサプリが合わなくなったと感じた時は、解約方法をしっかり確認しておきましょう。

スタディサプリの退会手続き前に知りたい注意点

3段階の解約手続きが必要

これまでスタディサプリを利用していた人が退会するためには、3つの解約手続きを行う必要があります。

「契約コースの利用停止→学習Webの退会→サポートWebの退会」という手順を踏んではじめて、完全に解約することが可能です。

他のコースへ変更するために解約する場合は、契約コースの利用停止だけを行えば良いですが、今後利用しないという方は一気に3つ全ての手続きを行わなければなりません。

手続きが煩雑なので少々不親切な印象もありますが、下記の手順を確認しながら行えば難しくはありませんので、確認しながら実施してみましょう。

スタディサプリのアプリからは手続き不可

スタディサプリの勉強は、ウェブだけでなくアプリでも行えましたが、解約の手続きは全てウェブ上で行う必要があります。

アプリから退会することはできませんので、必ずブラウザを使ってサイトにアクセスしましょう。

なお、解約手続きに使用する端末はスマートフォン、タブレット、パソコンどれでも構いません。

コンビニ払いは自分で利用停止ができない

ベーシックコースに契約しており、支払い方法が「クレジットカード決済」「キャリア決済」の場合、自分で利用停止の手続きを行う必要がありますが、支払い方法を「コンビニ払い」に設定している人は、利用期限が過ぎると自動的に利用停止となります。

つまり、この利用期限を迎えるまでの間は加入している状態となり、自分で停止の手続きを行うことができません。

利用期限を迎える前に解約したいという方は、その旨をお問い合わせフォームから連絡し、運営側に手続きをしてもらう必要があります。

合格特訓コース、個別指導コースはさらに手続きが必要

現在、合格特訓コースまたは個別指導コースに加入している方は、直接契約コースの利用停止を行うことができません。

合格特訓コース、個別指導コースの利用停止手続きをすると、自動的にベーシックコースへ移行するため、さらにベーシックコースの利用停止手続きが必要になります。

これは、スタディサプリのコース設定が「ベーシックコース+合格特訓(個別指導)」となっているためで、2つの利用停止を行わないと解約できないので注意しましょう。

返金できるのは1か月単位

スタディサプリのサービスを解約する場合、どのコースであっても日割りでの返金は行っていませんでした。

利用料金は1か月単位でしか返金に応じてもらえないので、毎月払いにしている人に対して返金されることはありません。

12ヶ月一括払い、年度末までの一括払いを選択している人は、退会した月の翌月分から計算し、残った期間の料金を返金してもらうことが可能です。

なお、スタディサプリ特別講習(旧LIVE)のような単発のサービスは、開講後の返金は応じてもらえません。

講座が開講する前であれば返金できるケースがあるようですので、早めに問い合わせを行いましょう。

退会した後に引き落としされる事も

クレジットカード支払いを選択している方は、スタディサプリの決済日と実際のカードの引き落とし日にタイムラグが生じるケースがあります。

これは、クレジットカードの引き落としのタイミングによるものなので、あらかじめ締め日と支払日を把握しておくと安心です。

いつ分の引き落としかが分からない場合は、直接利用しているクレジットカード会社に問い合わせると詳細を教えてもらえます。

万が一、最後まで解約手続きが完了しているにも関わらず、解約月以降の料金が引き落とされている時は、すぐにスタディサプリへ問い合わせを行いましょう。

スタディサプリ解約・返金の手順を大公開!

①合格特訓、個別指導をベーシックに変更する方法(必要な方のみ)

現在契約しているコースが「合格特訓コース」「個別指導コース」の場合、あらかじめベーシックコースに変更する必要があります。

サポートWebのログインページにアクセスし、パソコンの方は画面上部、スマートフォンの方は右上のメニュー(≡マーク)から「利用照会」を選択してください。

すると、利用状況の中に現在契約しているコースが表示されますので、「利用を停止する」ボタンを選択のうえ、パスワードを入力すれば合格特訓コース・個別指導コースの解約手続きが可能です。

ただしこの後、自動的にベーシックコースに加入していることになりますので、退会時は②のステップも必ず実施してください。

②ベーシックコースを利用停止にする方法

ベーシックコースの解約手続きは、自分が選択している支払い方法によって手順が異なります。

まずは自分の支払い方法を確認したうえで、該当する手順に沿って停止手続きを実施してください。

クレジットカード決済、キャリア決済(携帯料金と合算)の場合

サポートWebのログインページにアクセスし、パソコンの方は画面上部、スマートフォンの方は右上のメニュー(≡マーク)から「利用照会」を選択してください。

利用状況の中に現在契約しているコースが表示されますので、「利用を停止する」ボタンを選択のうえ、パスワードを入力すればベーシックコースの利用停止が完了です。

iTunes Store決済の場合

Appleのスマホやタブレット端末から手続きをする方は、歯車マークの設定アプリを開き、ユーザー名を選択してから「サブスクリプション」をタップします。

課金中のサービスの一覧が表示されますので、スタディサプリを選択してください。

その後、「サブスクリプションをキャンセルする」を選択すると、ベーシックコースの利用停止が行えます。

Macのパソコンを使っている方は、App Storeを開いてサインインし、「情報を表示>サブスクリプション>管理」から同様に手続きすることが可能です。

※iTunes Storeは外部サービスとなり、利用停止手続きからスタディサプリへの反映までに最大32日間かかる事があるそうですので、早めに手続きを行いましょう。

コンビニ払いの場合

スタディサプリでコンビニ払いを指定していると、利用期限が過ぎるまでは自分で利用停止の手続きが行えません。

すぐに解約したいという方は、公式サイトのお問い合わせフォームから連絡し、ベーシックコース利用停止の申請を行いましょう。

③学習Webから退会する方法

ベーシックコースの利用停止手続きが完了したら、次に学習Webの退会を行う必要があります。

学習Webとは、スタディサプリで勉強している生徒がログインする、勉強用の管理・ツール画面の事です。

ブラウザからスタディサプリにログインし、右上のアイコンを選択するとメニューが表示されますので、「プロフィール」を選択しましょう。

プロフィール画面の中に「退会」というタブがありますのでこれを選択し、「退会手続きを行う」をクリックすれば、学習Webから退会することができます。

なお、退会の選択肢が表示されない場合は、何らかの有料コースに申し込んでいる可能性がありますので、契約中のコースが表示されていないか確認してください。

④サポートWebから退会する方法

学習Webの退会処理が完了したら、今度はサポートWebで退会の手続きを行ってください。

サポートWebは、登録情報や支払い方法の管理、生徒の進捗状況確認など、主に保護者が利用する管理ページのことです。

スタディサプリの利用料金を管理しているサイトですので、解約する時は必ずサポートWeb退会の手続きを1番最後に行いましょう。

サポートWebは専用ページからログインしたのち、「アカウント設定」から「サポートWeb登録情報を編集する」というボタンを選択します。

パスワードを入力したら、「退会したい方はこちら」をクリックしてから「退会する」を選択すると手続きが完了します。

①または②~④のここまで実施して初めて、スタディサプリの解約手続きが全て終了します。

⑤返金の手続きを行う方法(必要な方のみ)

スタディサプリの月額料金を一括でまとめて支払った方は、④までの手順を行っただけでは、余剰分の返金は行われません。

別途、お問い合わせフォームから返金の申請をする必要がありますので、忘れずに行ってください。

お問い合わせフォーム内には、「お問い合わせ内容の種別」という任意の入力欄があります。

この選択肢を「利用停止・退会・返金について>一括支払いの返金について」に設定し、必須欄を入力して次のページに進んでください。

2ページ目にはお問い合わせ内容の記入欄が設けられていますので、こちらで「残った利用期間分の返金を行いたい」と伝えれば、返金額や手続きについてサポートから返信メールが届きます。

フリーメールアドレスを使っていたり、迷惑メール設定をしている場合、返信のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまう事がありますので、注意して確認しましょう。

スタディサプリの関連情報をチェック

PAGE TOP